中高年の7割が歯周病菌を持っています

歯を失う大きな原因は歯周病(歯周炎や歯肉炎)です。歯周病は、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)が、歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットに住み着くことで発生します。

20歳代までは、この歯周病菌をもっている人は少ないのですが、50歳代以降では7、8割の人が持っているといわれています。歯周病になると細菌がどんどん症状を悪化させ、歯が1本2本と抜けていくようになります。

この病気が恐ろしいのは、口の中だけの問題ではすまないということです。放置していると、歯周病菌が血管に入り込み、血流にのって全身の臓器に影響を与え、肺炎や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などさまざまな病気を引き起こす一因となるのです。

予防の基本はデンタルプラークのコントロールです。そのためには、毎日のブラッシングが鉄則となります。軽度の歯周病なら、毎食後のブラッシングだけで改善します。

ただし、磨き残しのないようにキチンと磨くのは意外と難しいものです。一度、歯科で歯磨きの指導を受けるとよいでしょう。

3ヶ月に一度は歯科医院で診てもらいましょう

健康な歯を維持するためには、歯科医院で歯の状態を定期的にチェックしてもらうことが大切です。自分でケアしきれない部分もあるからです。たとえば、歯石の除去は歯科医院でしかできません。

歯科医院を受診する目安は3ヶ月に1回といわれています。歯科ではの健康状態や日頃のセルフケアをチェックしてもらいましょう。歯磨きの仕方や虫歯のチェックだけでなく、新しいデンタルグッズの情報やその利用法などをアドバイスしてくれる先生もいます。
歯科医院では以下のようなデンタルケアが行なわれます。

歯磨き指導
歯並びや磨き方の癖による、磨き残しの注意点などを指導してもらいます。

歯と歯間のクリーニング
自分では落とせないしつこい汚れ、細菌の膜(バイオフィルム)を除去してもらいます。

歯石の除去
歯の表面にくっついた歯石をスケーラーという特殊な器具で落としてもらいます。

フッ素の塗布
虫歯菌に対するバリアとして、濃度の高いフッ素を歯の表面に塗ってもらいます。

歯の治療・修復法

虫歯や歯周炎などの理由で歯を失った場合、そのままにしておくと、咀嚼や、発音に支障をきたします。また、健康な歯にも負担がかかって悪化していくこともあります。物がおいしく食べられなかったり、美容上の不満が生じることがあり、精神状態にも悪影響を及びます。歯の修復処置は、そのようなことを防ぐためには欠かせないものです。

充填
虫歯になった歯は、進行は止められても、穴が開いた状態のままになってしまいます。ですから、虫歯で凹んだり、治療が削られた部分は、専用の素材で補う必要があるのです。

患部が前歯や、小さい歯の場合は、レジンというプラスチックの素材を詰める(充填する)方法がよく用いられます。奥にある臼歯や、患部が深すぎて神経まで侵されているものは、レジンでは弱くて充填できないこともあるので、その場合は、メタルクラウンやインレー修復といって、金合金を使った型で、削った部分を補うなどの処置をします。

ブリッジ
失った歯の両側の歯を削り、人口歯を含んだ、かぶせる形のものを橋のようにはめるものです。残った歯に負担がかかり、新たな虫歯やし周縁の原因になりやすいので、装着後のプラークコントロールは重要です。

インプラント
チタンなどでできた人口の歯根を外科的な方法であごの骨に埋め込みます。骨がやせている高齢者には適していません。

義歯(入れ歯)
義歯には、全部床義歯(総入れ歯)、部分床義歯(部分入れ歯)があります。部分床義歯は、残っている歯に金属のばねなどをかけて固定するタイプです。

そのほか、アタッチメントという義歯もあります。これは、金属のばねが目立たないように、歯と関節のようにつながっているタイプです。しかし、このタイプは健康保険の適用外なので、高額です。

いずれの場合も、歯科医の説明を受けて、納得したうえでつくってもらうことが重要です。舌などに当たったり、違和感を覚える部分がないかどうかを、よく確かめ、少しでも気になるところがあったら調節してもらいます。

また、日常の手入れも不可欠です。毎食後にきちんとブラッシングをしたり、洗浄剤を用いて清潔を保つようにしましょう。合わない義歯、不衛生な義歯は、不快感があるだけでなく、舌がんなどの原因となります。

カテゴリー項目一覧

虫歯:全身の病気の原因にもなるので早期治療が大切です

虫歯とは? 歯髄炎 歯根膜炎 虫歯の侵食度 カリソルブ(無痛の虫歯治療) 虫歯の予防

歯周病:中高年が歯を失う大きな原因です

歯周病とは 歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 糖尿病との関係 検査 治療

口臭:原因の多くは歯垢や歯周病、虫歯など口の中にあります

生理的な口臭 口臭の原因 口臭の検査 口臭の対処法 自臭症

ドライマウス:ストレスや薬の副作用などで起こる口腔乾燥症です

ドライマウスとは? ドライマウスの原因 ドライマウスの検査 ドライマウスの対処法

口内炎:ほおの内側、歯茎、舌、唇にできる粘膜の炎症です

口内炎とは? 代表的な口内炎とその症状 口内炎の予防法

矯正歯科治療:歯を移動させ、よい咬みあわせと綺麗な歯並びをつくります

矯正歯科治療の仕組み 治療を始める時期 矯正治療の費用 矯正装置をつける期間

インプラント:自分の歯と同じような感覚で用いることのできる人口の歯です

インプラント治療とは インプラントの方法 メリット デメリット 治療前の診査

歯の変色と審美治療:原因により「内因性」と「外因性」に分けられます

色素沈着による着色 加齢による変色 ブリーチング ラミネートベニア セラミックスクラウン

歯科金属アレルギー:金属が原因で、皮膚炎や湿疹などがあらわれます

歯科金属アレルギーの症状 パッチテストで原因金属を特定 歯科金属アレルギーの治療

顎関節症:あごの関節に障害が起きた状態で、痛みや開閉障害があらわれます

顎関節症の症状 顎関節症の原因 障害部位による分類 顎関節症の検査と治療

口唇裂と口蓋裂:口の周りに生まれつき裂け目がある状態です

口唇裂と口蓋裂とは 口唇裂と口蓋裂の治療 治療後の経過チェック

そのほかの病気:上記以外の注意が必要な口腔疾患です

口腔アレルギー症候群 血腫 口角炎 智歯周囲炎 味覚異常 耳下腺炎 白板症 舌がん

歯科診療費:歯科の診療行為もすべて価格が決められています

歯科診療費はどう決まる? 基本診療料 指導管理料 検査料 投薬料 処置料 歯冠修復料