歯科治療の金属が原因で、皮膚炎や湿疹などがあらわれます

花粉やダニ、ペット、食物など数多くのアレルギー源がありますが、金属アレルギーは、金属の成分が体に触れることで皮膚が炎症を起こすものです。時計やピアスなどのアクセサリーなどが皮膚にかゆみや湿疹を引き起こす症状が広く知られていますが、歯科治療で使われる金属によっても同じような症状が起こるのです。これが歯科金属アレルギーです。

タレントの奈美悦子さんがこの病気に苦しんでおられたことをテレビで話しておられたので、ご存知の方も多いかと思います。

歯科金属アレルギーの症状としては、手や足の裏に膿をもった水疱状のものができ、ボロボロと皮がむけたり、関節痛を併発することもある掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が最も多く、季節を問わず一年中症状が出るので非常につらいものです。
次いで、服などに触れている皮膚が炎症を起こす接触性皮膚炎、発疹、湿疹なども多い症状です。

金属を入れてすぐに症状が現れるのではなく、期間を経て金属がイオン化し、口腔内に溶け出し、体内に取り込まれて反応が起こります。

治療から時間がたっていること、症状の現れる場所が全身に及んでいること、他の病気(皮膚炎・関節痛)との鑑別が難しいことなどが原因の発見を難しくしています。

患者さんが自分で原因に気づくことはまれだとされ、潜在的に歯科金属アレルギーを持つ人はもっと多いのではないかと考えられています。

関連記事
アレルギーの検査(パッチテスト) 歯科金属アレルギーの治療