口臭に関する記事の一覧

自分の口のにおいは、なかなか自分ではわかりません。気になる場合は、一人で悩まず、受診して口臭を測定する検査を受けましょう。また、口の中の手入れで口臭を予防し、気持ちよく暮らしましょう。

生理的な口臭
口臭は、もともと生理的に生じるもので、ある程度の口臭は誰にでもあるものです。生理的な口臭の発生には、唾液の分泌が関係しており、においの程度は1日のうちで周期的に変化します。

口臭の原因
口臭の多くは、歯垢や歯周病、虫歯など、口の中に原因があって起こりますが、胃腸疾患や慢性扁桃炎、肝臓病などでも口臭が起こることがあります。

口臭の検査
口臭外来や歯科、口腔外科を受診して、アテインやオーラルクロマと呼ばれる検査を行い、口臭の程度などを客観的に測定します。

口臭の対処法
歯周病や虫歯が原因の場合は、歯科で治療が必要です。また、舌苔(ぜったい)を取り除いたり、歯や入れ歯を清潔に保つなど、自分で手入れを行って、口臭を防ぎます。

自臭症
口の中を調べてみても、歯垢や歯周病、虫歯もなく健康な状態にあるにもかかわらず、「自分には強い口臭がある」と思い込んでいる人が増えています。「口臭なんかありませんよ」と言われても本人は納得できないのです。