ある程度の口臭は生理的なもの

口臭は、もともと生理的に生じるもので、ある程度の口臭は誰にでもあるものです。生理的な口臭の発生には、唾液の分泌が関係しており、においの程度は1日のうちで周期的に変化します。

唾液には、ものを洗い流す「浄化作用」や、細菌の増殖を抑える「抗菌作用」があります。そのため、分泌が低下すると、細菌が増殖しやすくなり、その結果口臭が強くなります。

寝ている間は、唾液の分泌が低下します。そのため、朝起きたときには、口の中の細菌が増えており、口臭が強くなります。

しかし、朝食を食べると、唾液や食べ物で細菌やにおい成分が流され、口臭が弱くなります。また、歯磨きによっても細菌が洗い流されます。

食事や歯磨きの後、徐々に細菌が増え、昼食前の空腹時に再び口臭が強まり、同様のことが繰り返されます。何らかの原因によって、口臭が生理的なにおいの範囲を超えて強まると、本人や周囲の人を悩ませることがあります。

関連記事
口臭の原因 口臭の検査 口臭の対処法 自臭症