口臭の検査

口臭が気になる場合は、口臭外来や歯科、口腔外科などを受診します。受診すると次のような検査で口臭の程度などを客観的に測定します。

アテイン
検査用の溶剤で口をよくすすぎ、そのまま5分間ほど安静にします。そのあいだに液体に含まれていた尿素が、口の中の菌によって分解され、アンモニアが発生します。その濃度を測定すれば、口臭の強さがわかる仕組みです。

この方法は、硫化水素やメルカプタンなどの臭気成分をじかに調べるものではありません。口腔内にどれだけ細菌がいるかを測定することで、その数と相関関係にある口臭の強さを推測します。

ですから、口臭だけでなく、プラークコントロールの状態も判断することが可能です。この点でも歯科診療質の新しい技術として、大いに期待されています。

オーラルクロマ
口臭成分を直に調べる方法にはガスマトグラフと呼ばれるものがありますが、装置が大型でコストもかかるため、大学病院などを除き、歯科治療の現場ではなかなか利用できませんでした。

しかし近年はオーラルクロマという、ガスマトグラフと同じ方式で口腔内のガスを検知する、簡易型の測定器が開発され、口臭治療に熱心な歯科医院では診療に取り入れるところが増えています。

オーラルクロマは口腔内のガスを、硫化水素とメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの3つに分離し、その結果をコンピュータでグラフィック表示します。

この3つのガスは、いずれも歯科由来の原因、つまり歯周病虫歯口内炎、歯垢、舌苔、不適合な入れ歯などがあるときに発生するものです。

たとえば歯周病の場合は、ジメチルサルファイドの割合が多くなる傾向が見られます。したがって、口臭原因の判定に役立ち、より効果的な対応が可能になるのです。

歯科由来の口臭でなければ、体のどこかに別の原因があると考えられ、全身の健康についても早期に発見できるメリットがあります。

また測定結果がグラフィックで表示されるので、患者さんにもわかりやすく、実際は臭わないのに、口臭が気になって仕方がない自臭症などの解消にも効果的です。

関連記事
生理的な口臭 口臭の原因 口臭の対処法 自臭症