代表的な口内炎とその症状

写真です

カタル性口内炎
口腔粘膜が赤く腫れ、食べ物がしみたりします。口腔内の不潔や義歯、金冠などの刺激、熱湯や薬品の刺激などが原因となって起こります。かぜや胃腸の病気の症状として起こることもあります。うがい薬でよくうがいし、口の中を清潔に保てば治ります。

アフタ性口内炎
唇やほおの内側、舌、歯茎などに、円形の小さな浅い潰瘍(アフタ)ができるもので、ものが触れると強く痛みます。一度に数個のアフタができる場合もあります。

通常は7〜10日ぐらいで治りますが、ときには大型化したり、治りにくいこともあります。繰り返し再発するものを再発性アフタといい、ベーチェット病を起こしていることがあるので注意が必要です。

原因はよくわかっていませんが、ストレスや疲労、月経異常といった内分泌の以上などが、誘因となるといわれています。治療に際しては、ステロイドの入った軟膏を使用します。

潰瘍性口内炎
高熱が出て、歯茎、舌、口蓋など口腔の色々な部位に潰瘍が生じるもので、灰白色のかさぶたができることが多いようです。プラウト棹菌、ヴァンサンスピロヘータ、ウイルスなどが原因と考えられていますが、はっきりとしたことはわかっていません。

治療はアフタ性口内炎と同じですが、ひどいときは、抗生物質を使うこともあります。

口腔カンジダ症
カンジダというカビによる口内炎で、口腔の粘膜表面に灰白色から乳白色の膜が点状や地図状に付着します。乳幼児、高齢者、妊婦のほか、糖尿病など全身的疾患の病気治療、ステロイド薬や抗菌約を長期に使用した場合に現れることもあります。

新生児や乳幼児は抵抗力が弱いために、母親が膣カンジダ症にかかっていると、原因菌が移ることもありますし、消毒しなかった哺乳びんなども注意が必要です。高齢者では、義歯(入れ歯)の手入れが悪いと、義歯の下にカンジダが増殖することもあります。

治療は重曹水でうがいをしたり、消毒薬を塗ります。

関連記事
口内炎とは? 口内炎の予防法