口内炎の予防にはビタミンB群が欠かせません

肺炎や化膿性疾患などで抗生物質を長期間服用していると、口内炎ができることがあります。これは抗生物質がビタミン不足を招くためです。体の中に取り入れられたビタミンB2・B6の利用障害を引き起こすのです。

ビタミンB2は脂肪の代謝に関係しているのですが、これが不足すると口の中の粘膜や唇に炎症が起きます。ビタミンB6は肝臓と免疫のビタミンといわれ、不足すると皮膚炎や口内炎を起こします。

ビタミンB2・B6以外のビタミンB群も不足すると口内炎の原因となります。例えば、ストレスに弱い神経質な人ほど口内炎が再発しやすいでとされています。このストレスに打ち克つ力をつけるのがビタミンB1です。このビタミンは手術を受けるときには必要量が増すといわれるほどで、神経組織や精神状態によい影響を与えます。

ビタミンB1は、豚肉や、ゴマ、大豆、卵、ほうれんそう、あじ、さばなどに多く含まれています。

ビタミンB2は、のりやわかめなどの海草、牛豚のレバー、さば、うなぎなどの魚、卵、シイタケ、ブロッコリー、ほうれん草、牛乳、チーズなどに比較的多く含まれています。

ビタミンB6は、牛豚レバー、牛乳、チーズ、キャベツ、とうもろこしなどに含まれています。

これらのビタミンB群には相互作用があって、全部を同時にとった方がより効果的だといわれています。これらを共通に含む食品としては、牛乳、卵、海草、野菜、豆などがあります。

毎日の食事で、これらの食品を欠かさずにとることが大切です。ビタミンB群の不足は口内炎だけでなく、唇の端のひび割れや、かさぶたができたりする口角炎を引き起こすことでも知られています。

あくまでも毎日の食事が基本となりますが、忙しい方はCMでお馴染みの「トラフル」(第一三共へルスケア)や「チョコラBB」(エーザイ)などを利用するのもよいでしょう。また日常生活では、十分な睡眠をとって疲労を蓄積させないようにしたり、精神的ストレスをためないことも重要となります。

トラフル(第一三共へルスケア)

口内炎を改善する抗炎症成分を含んだ透明のフィルムです。口内炎の患部に直接貼るタイプですので、食べ物が当たって痛くなったり、飲み物が染みたりすることがありません。抗炎症成分が患部に浸透しきる頃にフィルムも自然に溶けるので、剥がす必要はありません。

飲む錠剤タイプ、患部に直接塗るタイプ、噴きつけるスプレータイプも登場しましたので、患部の場所や好みにあわせて選ぶことができます。

関連記事
口内炎とは? 代表的な口内炎とその症状