歯・口腔の病気の検査に関する記事の一覧

唾液の分泌量や唾液腺の機能を調べてシェーグレン症候群やドライマウスなどを診断する生体検査と、歯周病の程度、進行状態、治療経過を調べる歯周病の検査が行われます。

ガム試験・耳下腺カテーテル法検査
唾液の分泌量を調べる検査で、唾液分泌量の低下によって起こる、口腔乾燥症状(ドライマウス)の客観的な判定に用いられます。

耳下腺(唾液腺)造影・シンチグラム
唾液腺の携帯や機能に異常がないか、画像によって診断する検査です。シェーグレン症候群、慢性唾液腺炎、唾液腺症、ミクリッツ症候群などの病気がわかります。

歯周基本(精密)検査
歯周病の進行程度やその原因を把握し、治療方針を決定するために行われます。プラーク(歯垢)付着状態の検査、歯周ポケット測定、歯の動揺度検査などを行います。