歯磨きグッズに関する記事の一覧

ドラッグストアなどのデンタルコーナーに行くと、いろいろな形の歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシ、舌磨きなども置いてあります。ここではそれらの用途、作用を解説していきます。

歯ブラシ
毎日使うものなので、手に持った感触がしっくりくるものを選びましょう。磨く歯の場所によって歯ブラシを持ち替える必要があるので、指先ではブラシをつまんで上手くできるか手にとって確認してください。

電動歯ブラシ
従来の歯ブラシでも歯の汚れはとれますが、どうしても歯磨きが面倒、力が入りすぎて上手く磨けないという人は使ってみるのもよいでしょう。歯垢予防のみならず、歯肉のマッサージやヤニ・茶渋予防にも一定の効果があるようです。

歯磨き粉
歯垢は薬剤ですぐに溶解するような状態で、歯に付着しているわけではありませんので、どのメーカーのものを選んでも大きな違いはないといえます。ただ、虫歯のことを考えると、フッ素入りの歯磨き粉を選んだ方がよいでしょう。

デンタルフロス
歯と歯の接触面は狭く、歯ブラシが入りません。その狭い部分を清掃するために作られた細いナイロン繊維をよった糸が、デンタルフロスです。歯と歯の間に入れて引き抜き、隣接面の歯垢をかき出すために使用します。

歯間ブラシ
歯と歯の間がピッタリしている場合はデンタルフロスがいいのですが、隙間が開いてくると、フロスではスカスカでしっかり掃除できません。そこで、楊枝の先に毛をつけた歯間ブラシが考案されました。

デンタルウォッシュ(洗口剤)
口臭予防、殺菌・洗浄を目的としています。含まれている成分は強力なため、歯周病菌や虫歯菌を一度に減らす効果があります。ただし、使いすぎると同時に善玉菌も減らしてしまい、口腔内菌バランスを崩してしまいます。

舌磨き
舌の表面は非常に凹凸していて、細菌が住みつきやすい場所になっています。ここに細菌が感染しても、直接には虫歯や歯周病の原因にはなりませんが、口臭の元になるとされています。

デンタルトゥースピック(三角ようじ)
二等辺三角形になっていますが、上の二辺で歯の汚れを取り、底辺で歯茎を軽く押してマッサージするようになっています。このマッサージが歯肉の組織を活性化させ、歯周病菌などに対し抵抗力を強めるのです。

キシリトール
キシリトールは糖アルコールの一種で、菌の集合体を散らす働きがあり、多くの野菜や果物にも含まれています。虫歯菌の増殖を抑制する、プラークの蓄積を予防するなど、高い虫歯予防の効果があります。