歯の変色と審美治療に関する記事の一覧

歯の変色や着色は原因により、幼児期に服用した薬の影響や、歯の神経を取ったために起こる「内因性」と、タバコのヤニやコーヒーの色素が歯の溝に入り込んで色素沈着を起こす「外因性」に大別することができます。

色素沈着による歯の着色
歯の表面が黄ばんだりする着色は、歯の表面にある小さな溝にタバコのヤニやコーヒー、お茶などの色素が入り込むことが原因です。そのほかにもいろいろな飲食物の影響があり、唾液と化学反応を起こして色素沈着を起こすと考えられています。

加齢による歯の変色
歯は、年を重ねると黄色から褐色へと変化していきます。この内因性の歯質の黄ばみには個人差もありますが、いくら歯磨きをしても防ぐことはできません。治療法としては歯のホワイトニングや補綴的に改善することになります。

ブリーチング(漂白)
クリーニングでは落ちない歯の内面の変色に対して、特殊な漂白(ブリーチング)剤を用います。歯の表面に塗る方法と、既に歯髄がない場合は、歯髄の穴に詰めて内側から漂白する方法があります。

ラミネートベニア
前歯や小臼歯の美しさを向上させたいときに用います。歯の表面を0コンマの単位で薄く削り、そこに薄いセラミック(0.5ミリ)を貼り付けます。

セラミックスクラウン
色や形の悪い歯を削り、上からクラウン(冠)をかぶせてしまう方法です。人間の歯に近くて仕上がりが美しく、磨耗や変色の心配がないというセラミックの特徴をクラウンに応用したものです。