歯は年齢を重ねると黄色から褐色へと変色していきます

内因性の歯質の変色で考えられるのは、歯の成長過程であるよう時期に服用した薬の影響や、歯の神経を取ったために黒く変色するなどがありますが、最も多いのは加齢による変化です。

歯は、年を重ねると黄色から褐色へと変化していきます。この内因性の歯質の黄ばみには個人差もありますが、いくら歯磨きをしても防ぐことはできません。
治療法としては歯のホワイトニングや補綴的に改善することになります。

ホワイトニングは、歯を削ることなく変色した歯質の色調を改善する方法で、過酸化水素などの漂白剤を歯の表面に塗り、レーザーや紫外線を照射して色素を取り除く方法です。

それでも歯の変色が気になる場合は、変色した歯の表面を削って審美的に補綴する以外に方法はありません。

一般的には、セラミックを全体に多い被せるセラミックスクラウンと呼ばれる修復法や、歯の表面を削って貼り付けるラミネートベニア法などがあります。なお、これらの方法は保健適用外となります。

関連記事
色素沈着による歯の着色 ブリーチング ラミネートベニア セラミックスクラウン