近年は、高出力のレーザーを用いたブリーチングも登場

色素が歯のエナメル質の中まで沈着してしまうと、クリーニングでは取れません。また、年をとるにつれて濃くなる黄ばみや、歯髄を抜かれた後の変色なども、クリーニングでは落ちない歯の内面の変色です。

このようなケースには、特殊な漂白(ブリーチング)剤を用います。歯の表面に塗る方法と、既に歯髄がない場合は、歯髄の穴に詰めて内側から漂白する方法があります。

このほかに短時間で効果をあげる方法で、いま最も脚光を浴びているのが、高出力の光と熱を用いたパワーブリーチングです。

ジェル状の漂白剤を塗り、光と熱で急速に乾かして、それを拭き取ります。この漂白作業を何回か繰り返すことで、これまでよりもずっと大きな効果が得られます。

処置時間も短縮され、通院回数も少なくて住むことから、忙しい患者さんに人気が高い審美治療です。

関連記事
色素沈着による歯の着色 加齢による歯の変色 ラミネートベニア セラミックスクラウン