人間の歯に近く、仕上がりが美しいセラミックスクラウン

色や形の悪い歯を削り、上からクラウン(冠)をかぶせてしまう方法です。人間の歯に近くて仕上がりが美しく、磨耗や変色の心配がないというセラミックの特徴をクラウンに応用したものです。

金属の裏打ちのあるメタルボンドと、金属は一切使わないオールセラミックスクラウンの2つの種類があります。歯髄のある「生きた歯」に用いる場合は、オールセラミックスのほうがよいとされています。

クラウンをかぶせるために、歯を全体的に削ります。削る量は、前面だけのラミネートベニアよりも多くなります。しかしその分、自由に歯の形や大きさを調節できるのが特徴です。

したがって、セラミックスクラウンが最適なケースは、修復しなければならない歯の形や大きさの程度が比較的大きいときや、ラミネートベニアではカバーできない虫歯があるときなどです。

関連記事
色素沈着による歯の着色 加齢による歯の変色 ブリーチング ラミネートベニア