歯の表面の溝にコーヒーなどの色素が入り込み着色を起こす

歯の表面が黄ばんだりする着色は、歯の表面にある小さな溝にタバコのヤニやコーヒー、お茶などの色素が入り込むことが原因です。そのほかにもいろいろな飲食物の影響があり、唾液と化学反応を起こして色素沈着を起こすと考えられています。

また、通常、歯の表面は唾液の膜で覆われていますが、何らかの原因で唾液が減少し、口の中が乾燥して「ドライマウス」になると、その膜に亀裂が入り、そこに色素が入り込むことで着色を起こしやすくなります。

朝、昼、晩とキチンと歯を磨いていても、市販されている歯磨き粉には研磨剤を含まない製品もありますので、着色を取り除きづらいこともあります。通常の歯ブラシのほかに、電動歯ブラシや超音波歯ブラシなどを使うと効果的です。

最も効果的なのは、歯科医院での専門的な歯のクリーニングで、重炭酸塩粉末と水をジェット噴流で吹きつけて歯の表面の着色を取り除くエアフロー法や、予防を重視したPMTCという機械的歯面清掃法(健康保険適用外)が効果的です。

関連記事
加齢による歯の変色 ブリーチング ラミネートベニア セラミックスクラウン