虫歯の侵食度によって治療法は異なります

ミュータンスなどの虫歯菌がつくる酸によって、エナメル質が溶け出すところから虫歯は始まります。エナメル質から象牙質、歯髄へと侵食が徐々に進み、やがて歯冠部がすっかりなくなって、歯髄も瀕死の状態に陥ると末期とみなされます。

このような虫歯の進行を、C1〜C4の4段階に分けます。最近では、「要観察歯」といわれる虫歯の芽をCO(オー)とし、5段階で虫歯を評価しています。

CO(要観察歯=治療しなくてもよい虫歯)
歯の表面にあるエナメル質が酸の影響で白濁します。痛みも、しみる感覚もまだありません。この段階で削ったり、つめたりする治療は不要です。再石灰化による自然治癒が期待できるからです。

丁寧にプラークを取り除くことと、フッ素を塗布することで再石灰化を促し、元の健康な歯に戻すことが可能です。

C1(初期の虫歯)
表面のエナメル質が溶けはじめ、小さな穴ができてしまっています。茶色とか黒の変色がそのしるしです。冷水が歯にしみる知覚過敏の症状が出てきます。まだ痛みを感じない段階ですが、残念ながら自然治癒はもう期待できません。

歯科医院で行う治療は、まず巣食った虫歯部分を取り除くこと。残っていると、そこから再発してしまうので丹念に取り除いて、そこに詰め物をするという比較的簡単な作業です。

C2(中期の虫歯)
酸の侵食がエナメル質を突きぬけ、象牙質まで蝕まれています。象牙質はエナメル質より酸に弱いので、ここまでくると加速度的に進行します。冷たさだけでなく、お湯の熱さなどにも過敏になります。

ここでの治療もC1と基本的に同じで、削って詰めるというプロセスが中心です。臼歯の溝にできた虫歯の穴だけの詰め物をインレー、その周りを広く覆うものをアンレートといいます。

C3(後期の虫歯)
中枢である歯髄まで蝕まれている状態です。歯髄の神経が刺激され、ズキズキする痛みに耐えられず、歯医者に駆け込むのがたいていこの段階です。

通常は、クラウンと呼ばれる大きなかぶせものをしなければなりません。歯髄はできるだけ残すように努力しますが、菌が入り込んで腐りだしているようなら、歯髄を抜き、それが入っていた根管を消毒して、樹脂で封鎖する根管治療を行います。

そのあと虫歯で失われた部分の型取りをし、クラウンを作成します。そしてできあがったクラウンをかぶせて、咬合調整を行なうのが通常の手順です。

C4(末期の虫歯)
すでに歯冠部は侵食され尽くし、ほとんど残っていない状態です。歯髄も死んでいるので、痛みも感じなくなっています。それでも歯根がしっかりしていれば、それを生かして、C3と同様にクラウンで補うことができます。

関連記事
虫歯とは 歯髄炎 歯根膜炎 虫歯の症状 虫歯の治療 カリソルブで無痛治療 虫歯の予防