歯髄炎が進行して、炎症が歯根膜におよんだ状態です

歯は歯根膜という薄い膜によってあごの骨とつながっています。歯髄炎が進むと、炎症が歯根の先端(根尖)からこの歯根膜におよんできます。これが歯根膜炎です。

咬み合わせが高いときに起こることもあります。歯肉を押すと痛む、歯が浮く、かむと痛むといった症状が現れます。

治療は歯の根をよく消毒し、充填し、補綴を行います。最近は金属ではなくレジン(合成樹脂)を使って目立たないように治療をすることができます。

歯髄炎より症状が軽いからといって、放っておくと、骨が破壊されて膿の袋ができ、そこから細菌が入って心臓弁膜症などを起こすこともあります。

痛みがなくても歯が浮く感じがしたり、違和感があったら早めに歯科医を受診しましょう。

関連記事
虫歯とは 歯髄炎 虫歯の症状 虫歯の侵食度 虫歯の治療 カリソルブで無痛治療 虫歯の予防