虫歯は進行すると歯髄炎や歯根膜炎になります

虫歯菌がつくりだす酸によって歯がおかされた状態です。口の中に生息する虫歯菌(おもにストレプトコッカス・ミュータンス菌)は、砂糖や食べ物を分解して粘着性の物質を作りだし、歯の表面に張り付きます。

これに色々な菌がついてできるのが歯垢(プラーク)です。しかし、唾液には酸を薄めたり、中和したりするはたらき(緩衝作用)と再石灰化(元に戻す)を進める作用があるので、すぐに虫歯になるわけではありません。

砂糖をとりすぎたり、口の中を不潔にしていると、唾液のはたらきが追いつかず、虫歯菌が歯垢の中で増殖し、糖と結びついて酸を作り出して歯を溶かし(脱灰)、虫歯になります。

虫歯が歯髄に達したものを歯髄炎、炎症が歯根膜に達したものを歯根膜炎といいます。

関連記事
歯髄炎 歯根膜炎 虫歯の症状 虫歯の侵食度 虫歯の治療 カリソルブで無痛治療 虫歯の予防