歯髄に炎症がおよんだ状態で、治療が必要です

虫歯が進行した結果として起こる病気が歯髄炎です。軽度の虫歯に比べ、かなり強い痛みを伴います。虫歯が原因で二次的に起こる病気ですから、そもそもの原因は虫歯と同じ口の中の細菌です。

歯髄はその上に象牙質、さらにエナメル質と二重に覆われて、保護されていますが、それらが細菌の作り出す酸により溶かされ、歯髄にまで達すると血管や神経に富む歯髄組織に炎症が発生することとなります。

ときどき歯が痛んだりしみたりするという状態を放置しておくと、あるとき突然にズキンズキンと歯がうずきだして、我慢できないほどの痛みが始まります。しかも一過性ではなく、強弱を繰り返しながら、長時間続きます。これが歯髄炎の典型的な症状です。

虫歯がC1かC2のとき、歯髄と外部との距離が縮まるため、健康時なら影響を受けないはずの刺激(冷たいものや熱いものを食べるなど)で歯髄が痛むことがあります。これは歯髄充血といって、歯髄炎の初期にあたるものです。

もう少し進むと、象牙質の中の細い管を通じて細菌が歯髄に侵入するため、虫歯の穴がまだ届かないうちに歯髄の炎症が始まります。やがて虫歯が象牙質を貫通してしまうと、炎症は本格的なものとなり、細菌に感染して組織が化膿してしまいます。こうなると痛みはものが噛めないほど強くなり、脈打つように激しく繰り返します。

歯髄炎の治療は、歯髄の一部または全部を除去し、人工物で埋めます(充填)。その後の歯の欠損状態に応じて、金属や合成樹脂(レジン)で土台を作り、金属やセラミックのかぶせもの(補綴)をします。

関連記事
虫歯とは 歯根膜炎 虫歯の症状 虫歯の侵食度 虫歯の治療 カリソルブで無痛治療