口角炎はカンジダ菌やドライマウスなどが原因となります

口角炎は口角びらんとも呼び、口角に発赤、かさぶたを伴うびらん、または亀裂を生ずる状態のことをいい、口を開けるたびに出血や痛みがあります。

成人では、大部分はカンジダ菌感染による「カンジダ性口角炎」ですが、ブドウ球菌やヘルペスウイルスが原因のこともあります。

背景にドライマウス、アトピー性皮膚炎、貧血、糖尿病、ビタミン欠乏、免疫不全、ステロイド薬あるいは抗菌薬の長期投与などがありますが、基本的には微生物による感染症です。

したがって、口角炎の診断には細菌検査が大切で、その結果をもとに適切な薬剤を選択することが重要です。また、誘発となる全身的な背景がないか検査することも重要です。

カンジダ性口角炎の誘引としては、長期のステロイド薬や抗菌薬を使用した結果、体内に常在する菌のバランスが崩れる「菌交代症」や口が渇く「ドライマウス」が認められます。

唾液は抗菌作用、自浄作用などを持つ強力なバリアですが、なんらかの原因で唾液分泌が低下すると、カンジダ性口角炎が発症します。また、ドライマウスはさまざまな原因で起こり、原因に沿った治療が必要ですが、口腔症状には人口唾液やシステイン系薬剤を使用し、うがいの励行などの口腔ケアの徹底が必要です。

ブドウ球菌による口角炎には、テトラサイクリン系抗菌薬を含む軟膏が有効です。

ビタミン不足の場合にはビタミンB2などを補います。CMなどでお馴染みのチョコラBB(エーザイ)などを利用するのもよいでしょう。また、食事の際には、熱いもの、冷たいもの、塩分の強いもの、辛味などの刺激物は避けるようにしましょう。