白板症はがん化するケースもあるので経過観察が必要です

口内の粘膜や舌などに、こすってもとれない白斑(写真参照)が生じます。白斑の大きさは不揃いで、形もさまざまです。触れると硬さを感じることはありますが、多くは痛みがありません。

原因は特定されていませんが、義歯やタバコなどによる慢性的な物理的刺激、刺激の強い食品の過剰摂取、カンジダ菌の感染、ビタミンAなどの栄養素欠乏などが考えられます。

治療では原因となっている刺激物を取り除きますが、前がんである可能性もあるので、まず、組織を採取して生検を行います。その上で、切除術や凍結療法などが検討されます。

白板症は、10年以上経過したあとにがん化するケースもあるため、長期的な経過観察が必要となります。