ドライマウス:唾液の分泌が慢性的に低下した状態

「ドライマウス」とは、口の中が乾いた状態をさす言葉で、「口腔乾燥症」ともいいます。

通常、唾液は1日1.5リットルほど分泌され、口の中を潤しています。ドライマウスは、主に唾液の分泌が慢性的に低下することで起こります。なかには、原因となる病気が隠れていて、症状の1つとしてドライマウスが現れている場合もあります。

ドライマウスになると、口の中が乾いて、「もうのが食べにくい」「話しにくい」「口の中が傷つきやすい」など、さまざまな症状が起こり、日常生活に不便を感じるようになります。

また、舌の状態にも変化が現れます。健康な舌は、表面がざらざらして薄いピンク色ですが、ドライマウスの場合、舌の表面がツルツルになったり、赤くなったり、ひび割れができたりします。

関連記事
ドライマウスの原因 ドライマウスの検査 ドライマウスの対処法