歯を削ったり、抜いたりするのにかかる料金です

処置料は、虫歯などで神経(歯髄)を抜いたり、削った部分に詰め物をしたり、薬を塗ったりする料金です。

歯の神経を抜く値段は、神経が通っている歯の根の数(根管数)によって異なります。前歯は根管が1本のために210点(630円)、奥歯のように大きい歯の場合は根管が3本以上あるため550点(1650円)となります。

手術料には、抜歯や、歯肉を切開して膿を出すなどの料金があります。抜歯は乳歯ならば120点(360円)、永久歯の場合は、上下の前から3本目の歯(前歯)までは150点(450円)、それ以外の歯(臼歯)は260点(780円)です。

また、骨に癒着しているなどで抜歯が難しい場合は、難抜歯460点(1380円)が算定されます。

神経や歯を抜く際の麻酔料は、たいていその治療の点数に含まれています。しかし、奥歯の抜歯などで、あご全体に麻酔をかけるときは、伝達麻酔の料金がかかります。伝達麻酔の料金には、技術料(38点)と薬剤料(7〜9点)があります。

関連記事
歯科診療費はどう決まる? 基本診療料 指導管理料 検査料 投薬料 歯冠修復料