歯周病で算定される「歯周疾患指導管理料」など

歯周病にかかっている患者さんに対する指導管理料としては、「歯周疾患指導管理料(110点・以下3割自己負担の330円)」や「歯科口腔疾患指導管理料(110点・330円)」が算定されます。

歯周疾患指導管理料とは、歯周病で治療を受けた場合に、月1回算定されるものです。歯周病の治療では、専門的な治療とともに、患者さん自身がきちんと歯磨きをして歯垢を除去することが欠かせません。そのための指導を行った場合に算定されるものです。

歯科口腔疾患指導管理料は、75歳以上の人が受診した場合、月1回算定される料金です(老人保険診療)。お年寄りは、何らかの持病がある人も多く、口腔内だけでなく、全身を管理しながら治療を進めていく必要があり、そのための指導管理料となっています。

75歳以上の人は、歯周病で受診しても歯周疾患指導管理料は算定されず、歯科口腔疾患指導管理料のみ算定されます。

関連記事
歯科診療費はどう決まる? 基本診療料 検査料 投薬料 処置料 歯冠修復料