インプラントに関する記事の一覧

何らかの原因で失われた歯の歯槽骨部分に穴をあけ、人工歯根を埋入して、支台部と人口歯冠を取り付けるのがインプラントです。入れ歯と違って、自分の歯と同じような感覚で用いることのできる人口の歯、それがインプラント治療で得られる最大の効果です。

インプラント治療とは
歯の抜けたところに人口の歯根を埋め込み、あごの骨と固定させた後、その上に人口の歯を装着させるものです。乳歯、永久歯に続く「第三の歯」といっても過言ではありません。

インプラントの方法
現在行なわれている代表的な方法は骨内・骨膜下・歯内骨内インプラントの3つで、主流となっているのは顎の骨に人工歯根を埋めて、歯肉の上に出る部分(支台部)に人工歯(冠)を固定する骨内インプラントです。

インプラントの長所
人口歯根を顎の骨(歯槽骨)に直接埋入して、そのうえに支台部と人工歯冠を取り付けるので、自然の歯と同様に完全に固定されます。そのため入れ歯で見られる欠点は完全にクリアされます。

インプラントの短所
インプラントといえども完全無欠の治療法とはいえません。治療期間が長くかかる、糖尿病や心臓病のある人は治療を受けられない、インプラント周囲炎の恐れがあるなどの欠点もあるのです。

インプラントの診査
インプラント治療を始める前には通常の歯科治療以上に慎重な事前診査が必要になります。インプラント埋入予定部位の骨量、骨質、骨形態の予測をするためのエックス線検査や治療の支障となるような、病気や異常がないかを調べる内科的診査などが行なわれます。