インプラントの診査について

インプラント治療を始める前には通常の歯科治療以上に慎重な事前診査が必要になります。では、どのような審査が必要か、次に具体的に見ていきましょう。

問診
今までにした病気、現在の健康状態、抜歯をしたときに貧血を起こした経験はあるか、薬によるアレルギー反応の有無などの通常の問診に加えて、インプラント希望する理由やインプラントによって何が出来るようになりたいかを具体的にききます。

内科的診査
インプラント治療の支障となるような、病気や異常がないかを検査します。必要に応じて血液検査や尿検査もします。その結果インプラントをする前に治しておかなければならない病気があれば、そちらの治療を優先するようにします。

糖尿病で血糖値に問題がある場合などは、いい上体までコントロールしてからインプラント治療を行うことになります。

現症の診査
現在の口の中の状態を診ます。粘膜や骨の様子、現在使用中の義歯についても確認します。

口腔内模型診査
現在の口腔内の様子を調べるために、口の中の型を取って石膏で模型を作ります。模型から顎の骨の状態、顎の骨の厚み、歯肉の状態を調べます。

歯が抜けているところがあれば、その噛み合わせの部分がどうなっているの科など、客観的に診ることができます。これにより、患者さんも自分の口の中の様子がわかります。

エックス線診査
インプラント埋入予定部位の骨量、骨質、骨形態の予測をするためには欠かせない診査です。インプラントを入れる深さ、長さ、幅を測るために正面から撮影するほか、口腔内を一枚のフィルムに撮影するパノラマX線撮影をします。

ですが、これだけでは複雑な顎の診断には不十分な場合もあります。インプラント治療には、もっと細密なエックス線写真が必要です。そこで、必要に応じてX線断層撮影、セファログラム、デンタルX線撮影も行います。

X線断層撮影は骨の厚みを測るために、5ミリ、7ミリ、9ミリ間隔で顎の骨を輪切りにして撮影します。必要があればCTスキャンも撮ります。

セファログラムは歯科矯正治療にも用いられます。X線の映像をコンピュータに取り込むことによって顎のスタイル、タイプがわかります。インプラントを入れた後の顔貌の最終予測ができます。

デンタルX線は特定の歯だけを撮影するものです。インプラントを1本入れた場合に、隣接する歯との関係や、骨の状態を診るときに用います。

関連記事
インプラント治療とは インプラントの方法 インプラントの長所 インプラントの短所