インプラントの長所について

人口歯根を顎の骨(歯槽骨)に直接埋入して、そのうえに支台部と人工歯冠を取り付けるので、自然の歯と同様に完全に固定されます。そのため入れ歯で見られる欠点は完全にクリアされます。以下にその長所をまとめてみました。

天然歯の噛み心地
人工歯根を顎の骨に埋入して、完全に固定しているため、噛む力が天然歯と変わりません。このため、入れ歯のようにぐらつく、長期間使用している間にゆるんでしまう、などということは起こりません。

外れる心配がない
総入れ歯の場合は、食事やおしゃべりをしている最中や、くしゃみをした途端に入れ歯が外れそうになったりします。他人の目が気にかかる人の場合には、こうした心理面での抑圧や不安は、はたから見ている以上のものがあります。

インプラントの場合は、歯槽骨にピッタリと結合した人工歯根の上に支台部と人口歯冠が固定されているため、ぐらつきやがたつき、外れるという心配はまったくありません。

美しい自然な仕上がり
外から見て、きれいな自然の歯に見えるという審美性に優れている点も重要です。部分入れ歯の場合、クラスプが目立ちますし、総入れ歯ではどうしても不自然さが先に立ってしまいます。

これに対し、インプラントの場合は、人工歯根の上の支台部を色々選択でき、これを歯茎の下に隠れるように設定できますから、外からは人口歯冠しか見えないように審美的に、自由自在のお好みの人口歯冠を取り付けることが可能です。

歯槽骨の吸収を防ぐ
インプラントは、天然歯と同じように歯槽骨の中にしっかりと埋植されています。したがって、咀嚼するたびに、咬合力がインプラントを介して、直接歯槽骨に伝わります。

入れ歯を長く装着していると、持続的な圧力により歯槽骨が毎日少しずつ吸収され続け、最終的にはほとんどなくなり、顔がくぼんで老けた様相に変わってしまいます。

インプラントの場合は口腔ケアをしっかりと行い、周囲炎を予防すれば、歯槽骨の吸収を防いで健常な状態を維持することができ、いつまでも若々しい顔でいられます。

関連記事
インプラント治療とは インプラントの方法 インプラントの短所 治療前の診査