人口の歯根を埋め込み、人口の歯を装着するインプラント

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人口の歯根を埋め込み、あごの骨としっかりと固定させた後、その上に人口の歯を装着させるものです。ちなみにimplantとは医学用語で「植立する」ことを意味します。

歯には歯茎の上に出ている歯冠の部分と、歯茎の下の骨に埋まっている歯根という部分がありますが、虫歯や歯周病などで歯を抜くと、歯根までなくなってしまいます。

そのため、従来の入れ歯やブリッジでは、人口の歯を用いることで歯茎の上の歯冠の回復はできても、歯の土台である歯根の回復までは望めませんでした。

ところがインプラントにすると、人口の歯根を骨に埋め込むことで、歯の土台たる歯根までも取り戻すことができるのです。土台がしっかりしていますから、少しくらい硬いものを噛んでもびくともしません。

もちろん、従来の入れ歯のような取り外しの必要もありませんし、隣接する歯で支える必要もありませんから、留め金もいりません。口の中がすっきりし、不快感がなくなります。インプラントは乳歯、永久歯に続く「第三の歯」といっても過言ではありません。

関連記事
インプラントの方法 インプラントの長所 インプラントの短所 治療前の診査