代表的なインプラントの方法

一口にインプラントといってもさまざまな方法があります。現在行なわれている代表的な方法は以下の通りです。

骨内インプラント
顎の骨にインプラントを埋めて、歯肉の上に出る部分(支台部)に人工歯(冠)を固定する方法で、現在、最も多く行なわれている方法です。

この方法の登場により、それまでは治療をあきらめるしかなかったケースでも骨を移植できるようになりました。

骨膜下インプラント
顎が痩せていて骨の絶対量が少なく、インプラントを埋めることのできない場合に板状のインプラントを粘膜と顎の骨の間に入れる方法です。

下顎は、神経や血管が密になっていますので、埋め込む部分が神経や血管に近い場合はインプラントが入りません。また、上顎では上顎洞という空洞が低いと骨がなく、インプラントを入れるだけの距離がない場合も不可能ですが、こういう場合にも適用されます。

骨内因プラントが登場するまでは、

歯内骨内インプラント
歯周病や根尖性歯周炎などで歯がぐらついてきた場合に、歯をインプラントで補強し、歯の延命を図る方法です。

関連記事
インプラント治療とは インプラントの長所 インプラントの短所 治療前の診査