歯を無理なく動かし、よい咬み合わせを求めます

矯正歯科治療とは、矯正装置と歯が動くメカニズムによって、歯を少しずつ動かしたい方向に移動させ、よい咬みあわせと綺麗な歯並びをつくることです。

歯は、私たちが知らないうちに、少しずつ新しい骨と古い骨が置き換わっています。それは細胞の新陳代謝と同じ仕組みですが、矯正歯科治療で歯を動かすのは、この仕組みを活用しているわけです。

圧迫された側で起こっていること
歯とその周囲の歯槽骨の間には、線維に富んだ歯根膜という組織があります。歯に圧力が加えられると、まず歯根膜の圧迫された側が軽い炎症を起こします。炎症によって壊死した歯槽骨は、破骨細胞によって吸収されます。

こうして圧迫された方向に歯は動いていきます。もちろん、歯槽骨が溶かされることで歯根膜の圧迫も減少していき、歯根幕は再生され、もとの健康な状態に戻ります。

引っ張られた側で起こっていること
では、歯根膜が引っ張られている側ではどのような変化が起こっているのでしょう。歯根膜の線維は強く伸ばされるので、線維は細くなり、細胞と細胞の間も広がり、分散されます。

すると、線維と線維の隙間に骨を作る骨芽細胞が現れて、歯槽骨の表面に骨を作っていきます。骨芽細胞によって作られた骨は次第に石灰化していき、硬く、より骨らしくなっていきます。

一方、引き伸ばされた歯根膜の方でも盛んに線維芽細胞が分裂して増えて、まばらだった細胞の間を徐々に埋めていきます。

つまり一方では骨が溶かされ、もう一方では骨が生まれてくるわけで、これが繰り返して歯は移動していくのです。

関連記事
矯正治療を始める時期 治療方針 矯正治療の費用 矯正装置をつける期間 治療中の痛み
舌側矯正の長所と短所