治療開始は一人ひとりに合ったタイミングで

矯正歯科治療は、不正咬合の状態によって一人ひとりに合ったタイミングを見つける必要があるので、開始は何歳からと断定するのは、とても難しいことです。

何歳からでもはじめられますが、より効果的な結果を得るためには、幼児期から矯正歯科医が定期的に観察していくのが理想的でしょう。なぜなら、歯並びや口元、咬み合わせの問題は、歯の土台となる顎の形や大きさと深い関係にあるからです。

早期治療と本格治療
早期治療は、まだ乳歯の時期(乳歯列)や、乳歯と永久歯が交じり合った時期(混合歯列)に、顎の成長を見ながら咬み合わせや顎の形、大きさなどの改善を行なうものです。この時期の適切な治療は大切です。

子供の成長は早いので、悪い因子をそのままにしておくとどんどん悪くなる心配があります。早い時期に問題点を見つけて治し、いい方向に誘導するのが早期治療の目的です。

本格治療は、大人の骨格として顎の成長がある程度予測できたところで、永久歯のよい咬み合わせと歯並びを得るために、矯正装置を使って本格的に取り組む治療です。

早期治療の大切さ
歯並び自体は大人になってからでも治せますが、顎の骨のコントロールは、成長期の方がずっと容易です。例えば見た目には顎の形には問題がない単なる歯のデコボコのように見えても、現代人は顎が小さく、歯が大きい傾向なので、歯をきれいに並べるスペースを得る方法として、歯を抜くことがあります。

こういう場合、早期治療で顎の成長を促し、結果的に歯を抜かずに済んだというケースは、その成果の一つといっても良いでしょう。

早期治療を含めた矯正歯科治療の実際の開始年齢ということになると、一般的には7〜8歳が多いでしょう。その理由として、矯正歯科治療には、両親の不正咬合に対する認識と、患者さん本人のやる気が何よりも大切ということがあります。

しかし、受け口や開咬、交叉咬合など、4〜5歳の乳歯列の段階から治療した方がよい場合もあり、相談だけはなんと言っても早目がベストでしょう。

関連記事
矯正の仕組み 治療方針 矯正治療の費用 矯正装置をつける期間 治療中の痛み
舌側矯正の長所と短所