歯周病に関する記事の一覧

中高年が歯を失う大きな原因である「歯周病」は、口の中の細菌によって、歯を支える組織が破壊されてします病気です。大抵は若いうちにかかり、気づかないままに進行していきます。早めの受診と毎日の歯磨きで、歯を守りましょう。

歯周病とは?
細菌感染によって、歯ぐき(歯肉)に炎症が起きたり、歯を支える組織(歯周組織)が破壊されていく病気です。

歯肉炎
歯に接する歯肉のヘリや歯間の歯肉が赤くなり、少しの刺激で出血するようになります。痛みは比較的少なく、炎症が進んでくると歯肉の赤みが増して腫れてきます。

歯周炎
歯肉炎が歯槽骨まで進んだものです。歯肉の炎症が進むと、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ、さらにそこに歯垢がたまって、歯肉が下がり歯根が現れてきます。

肺炎との関係
誤嚥性肺炎を起こした患者の肺からは、高い確率で歯周病原因菌の嫌気性グラム陰性棹菌などが発見されることから、歯周病と肺炎は深い関係にあると考えられているのです。

心臓病との関係
歯周病は細菌の感染によって引き起こされますが、この細菌が血液の中に入り込み、血管を経由して体の広範囲にわたって病気を引き起こします。なかでも心臓の冠状動脈は、最も病気を起こしやすい臓器となっています。

糖尿病との関係
糖尿病にかかると歯周病になりやすいということは、昔から言われています。逆に、歯周病になると、糖尿病になりやすいとも言われており、両者は深い関係にあるのです。

歯周病の検査
診断のためには、先の細い棒状の器具を後歯肉の間の溝に差し入れる「歯周ポケット」の測定や、歯のぐらつき具合、歯槽骨の溶け出しなどを調べます。

歯周病の治療
原因であるプラークを減らすプラークコントロールが重要です。基本となるのはブラッシング(歯磨き)で、そのほか、歯石除去やフラップ手術、再生療法などが行われます。