歯周病と糖尿病は深い関係にあります

糖尿病は、血液が高血糖になるために発症する病気です。高血糖が続くと毛細血管がもろくなり、感染を受けやすくなります。神経症状や目の網膜に障害を起こしたりします。

口の中の症状としては、高血糖になることで唾液の分泌量が減り、口の中が乾いてきます。また、白血球の機能が低下するため、歯周病菌が増殖していきます。
そのため、糖尿病の人が口の中を不潔にしていると、簡単に歯肉炎を起こし、治療せずに放置していると、重症な歯周病になりやすいのです。

また逆に、歯周病になると、高血糖状態になりやすくなります。歯周病になると、炎症性物質であるTNFαが大量につくられます。このTNFαが、インスリンの働きを抑制するため、血糖コントロールが悪化して、高血糖状態になりやすいと考えられています。

しかし、歯周病の治療を行い、病原性細菌を取り除いて炎症がなくなると、炎症性物質であるTNFαの産生が抑えられ、インスリンの働きが正常に戻り、血糖コントロールが改善されます。

関連記事
歯周病とは? 歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 歯周病の検査 歯周病の治療