歯周病の治療にはプラークコントロールが重要です

治療で最も重要なのは、原因であるプラークを減らすプラークコントロールです。

ブラッシング
プラークコントロールの基本は、自分で行う歯磨きです。どんな治療を行う場合にも欠かせません。

歯石除去
歯磨きでは取れない歯石やプラークを専用の器具で取り除きます(スケーリング)。このほか歯科では「歯の表面を磨く」「抗菌薬で歯周ポケット内を洗浄する」などのプラークコントロールが行われます。

フラップ手術
歯肉を切開して、スケーリングでは取り除けないプラークを除去し、炎症のひどい歯肉を切除します。

骨移植
歯槽骨が解けた部分に骨を移植し、歯槽骨が元のようになることを目指す治療法です。日本では通常、人口骨を用います。フラップ手術と併せて行われます。

再生療法
破壊された組織の自己再生機能を促す新しい治療法です。「GTR法」「エナメルマトリックスたんぱく」を使う方法があります。これもフラップ手術と併せて行われます。

抜歯
歯周病が悪化して歯周組織の破壊が進むと、抜歯が必要になることもあります。一般に歯根部分の2/3以上の歯槽骨が吸収されていると、抜歯することが多いようです。そのような状態だと治療が難しく、また治療しても治るかどうかの見通しが立ちにくいからです。

関連記事
歯周病とは 歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 糖尿病との関係 歯周病の検査