歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」に大別されます

歯周病とは、細菌感染によって、歯ぐき(歯肉)に炎症が起きたり、歯を支える組織(歯周組織)が破壊されていく病気です。

歯と歯肉の間に、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)が付着することが原因となって起こります。

歯周病は、炎症が歯肉だけにとどまっている「歯肉炎」と、さらに「歯周炎」に大きく分けられます。歯肉炎では、「歯肉が腫れる」「歯を磨いたときに出血する」などの症状が現れます。

歯周炎になると、歯と歯肉の間に「歯周ポケット」ができ、炎症が深くまでおよぶのに伴って、歯の根(歯根)が埋まっている歯槽骨が溶け出し、歯がぐらつき始め、ついには支えられなくなって歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病とはそれ単体でも恐ろしい病気ですが、その他の様々な全身の病気を引き起こす原因となることがだんだんわかってきています。

関連記事
歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 歯周病の検査 歯周病の治療