歯周病の患者さんは心臓病にかかるリスクが高くなります

歯周病の患者さんはそうでない人に比べて、心臓病にかかるリスクが1.5〜2倍程度高いという医学的調査があり、心臓病が死因の第1位を占めているアメリカでは、対策の一環として歯周病の予防に力を入れています。

歯周病は細菌の感染によって引き起こされますが、この細菌が血液の中に入り込み、血管を経由して体の広範囲にわたって病気を引き起こします。なかでも心臓の冠状動脈は、最も病気を起こしやすい臓器となっています。

歯周病菌のある酵素などは、冠状動脈の脂肪質に張り付いて、血栓をつくります。血栓ができると血液の流れが阻害されるため、心臓の筋肉や必要な酸素や栄養が十分に運ばれなくなります。その結果、急に激しい運動をしたり、ストレスがかかると、胸部に痛みが走り、圧迫感が生じます。これが、狭心症や心筋梗塞を引き起こすと考えられています。

心臓の膜壁や弁に細菌が感染して起こる病気を、「感染性心内膜炎」、あるいは「細菌性心内膜炎」と呼びます。急性と亜急性があり、亜急性の病原因子として、口の中の連鎖球菌があがれています。また、グラム陰性菌が原因になる可能性も高く、患者さんの口や病変部から、歯周病菌が多く見つかっています。

重症の歯周病で検出されるPg菌と呼ばれる菌がありますが、動脈硬化症や大動脈瘤にかかった部位を調べると、多くのPg菌が遺伝子検査レベルで発見されています。このことから、重度の歯周病が心臓病を悪化させると考えられています。

関連記事
歯周病とは? 歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 糖尿病との関係 歯周病の検査 歯周病の治療