歯周病の検査:歯周ポケットの測定など

歯周病の診断のためには、主に次のような検査が行われます。

歯周ポケットの測定(プロービング検査)
先の細い棒状の器具を後歯肉の間の溝に差し入れて、歯周ポケットの深さを測定します。これは歯を支える組織が本来あるべき位置からどの程度下がってしまっているかを調べるものです、基本的かつ最も重要な検査です。

測定時に痛みを感じることはほとんどありませんが、歯肉炎がある場合は、出血することがあります。ポケットの深さが3mm以下の場合は正常と判断されます。

動揺度(歯のぐらつき具合)
歯科医が1本1本歯に触れてぐらつき具合を確かめていきます。ぐらつかなければ「動揺度0」、前後一方向にゆれれば「動揺度1」、前後・左右の二方向に揺れれば「動揺度2」、前後・左右・上下の三方向に揺れれば「動揺度3」と判定される。
この検査で、歯を支える歯槽骨がどの程度侵されているかを推測することができます。

歯槽骨の溶け出し(X線写真)

歯周炎は、炎症によって歯に付着しているコラーゲン線維とともに、歯の周りの骨(歯槽骨)が溶け出す病気です。この様子を調べるために行なわれるのがX線写真による検査です。

歯周病の審査のためには、骨の状態、特に歯と歯の間に見える骨の高さと密度を観察します。歯に対して真横からX線写真を撮影すると、骨の頂上が見えるはずですが、もし頂上が不明瞭ならば、骨が溶け出している兆候です。

このほか、「歯肉出血」や「プラークの存在」などを調べることもあります。こうした検査結果から、歯肉炎歯周炎か、歯周炎であれば1〜3のどの程度かを診断します。これらは、治療の効果を見るための再評価の際にも行われます。

関連記事
歯周病とは 歯肉炎 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 糖尿病との関係 歯周病の治療