歯肉炎とは?

歯を支えている肉、いわゆる歯茎の部分を歯肉といいます。歯肉炎と歯周炎は本質的に同じ病気で、炎症が歯肉部分にとどまっているものを歯肉炎、炎症が歯根膜や歯槽骨まで及んでいるものを歯周炎といっています。

歯肉炎の画像です

歯肉炎の原因は虫歯と同じく、口のなかの細菌です。この細菌は健康なときも常に存在していますが、普段症状を現さないのは、細菌との力とからだの抵抗力のバランスがとれているからです。

歯と歯肉の境目あたりは、歯垢という細菌の集まったものがたまりやすい場所で、歯垢1mgあたり、10億個の細菌が活動しているといわれています。

この細菌は、食べ物のかすなどを栄養にして、炎症のもとになる物質を作り出します。それらが、歯と歯肉の間のわずかな隙間(歯肉溝)に入り込んで、炎症を起こさせるのです。

炎症が始まると、歯肉溝の弾力が弱まって食べかすや、細菌が入り込みやすくなるため、さらに症状が進みます。また、歯石(唾液中のリン酸や炭酸カルシウムが歯垢に作用して固まったもの)が歯に付着していると、その刺激によって炎症が起こりやすくなります。

そのほか、入れ歯が合わなかったり、歯ブラシの形や磨き方が不適切だったりして、その刺激が原因となることもあります。また、からだの抵抗力低下が現任意なるケースとしては、ビタミンCの欠乏や、糖尿病、白血病、無カタラーゼ血症などがあげられます。

これらの病気があるときは歯肉の治療とともに病気を治します。程度の軽いうちにブラッシングや、専門の歯科衛生士によるクリーニングで歯垢が取り除かれると、歯周炎に進行することを防ぐことができます。

関連記事
歯周病とは 歯周炎 肺炎との関係 心臓病との関係 歯周病の検査 歯周病の治療