歯周炎とは?

歯肉に起きた炎症が、歯根膜や歯槽骨にまで及んだ状態です。「歯槽膿漏」は表面現象だけをとらえた表現なので、この名が用いられるようになりました。

軽度の歯周炎の画像です

口の中の細菌が集まってできる歯垢は、歯と歯の間、くぼみ、歯肉との境目に近い歯の根元などに多く付着します。放置しておくと石灰化し歯石となり、急速に大きくなります。

歯と歯肉の境目には歯肉溝という小さな隙間があり、この近くにできた歯垢や歯石は、細菌の毒素などで歯肉に炎症を起こさせます。歯肉は弾力性を奪われ、次第に歯肉溝が広がっていきます。これを歯周ポケットといいます。

歯周ポケットが形成されると、その中には食べかすがたまりやすく掃除もしにくいため、細菌の活動がさらに活発化して炎症が進み、歯肉の下にある歯根膜や歯槽骨にまで破壊が及びます。そうなると歯がグラグラしはじめ、歯周ポケットから膿が出て、口臭も起きてきます。やがて歯槽骨まで破壊されて、歯が抜け落ちてしまいます。

治療にあたっては、歯に付着している歯垢、歯石(歯垢が石灰化したもの)を取り除きます。歯周ポケット掻爬といて、歯周ポケットの内側の病的な組織をかき出す治療が行なわれます。それでも十分に取りきれない場合は、歯肉を切り開いて歯根面を綺麗に掃除し、歯肉を縫い合わせます。

病的な歯槽骨を除去して、自分の骨やハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分)を使って骨の再生を図るという外科的な治療も行なわれています。

関連記事
歯周病とは 歯肉炎 肺炎との関係 心臓病との関係 歯周病の検査 歯周病の治療