顎関節症は複数の要因が絡み合って起こります

現在、顎関節症は複数の要因が絡み合って起こるといわれています。主な要因として、次のようなことがあげられます。

歯並びやかみ合わせが悪い、片側でかむ癖がある
顎の片側の筋肉や関節に負担がかかります。

歯ぎしり、歯をくいしばる癖がある
あごの筋肉を緊張させ、関節にも負担がかかります。

また、「うつ伏せに寝る」「ほおづえをつく」「あごの下に物を挟む」「姿勢が悪い」などの日常の習慣や癖も、顎関節症の要因となると考えられています。

いずれも、顎関節やあごの周囲の筋肉に負担がかかりやすくなります。「姿勢が悪い」は、例えば長時間デスクワークを続けて「肩がこる」場合と同じように、過度の緊張があごを動かす筋肉に起こるものです。

自分の生活習慣や癖を見直し、要因が多い場合は減らすように心がけましょう。

関連記事
顎関節症の症状 顎関節症の種類 顎関節症の検査と治療